読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

美味しい和食ランチ「六香庵」のはずが・・・ 10月18日

 

今度は美味しい和食が食べたくなったばば様から集合がかかって、

この日は早めにウォーキングを終えた私と妹が参上したのは

和食が美味しいこのお店。

f:id:acha03:20161217165827j:plain

 

平日のランチは2500円と3500円の二コース。

内容はお任せで、何が出るかはお楽しみ♪

f:id:acha03:20161217165858j:plain

 

金庫番のばば様、ご入場~。

f:id:acha03:20161217165911j:plain

 

食膳酒、ならぬ、食膳茶。

 

毎回いろんな香りで趣向を凝らしてありますが、

今回は巨峰の香りでした。

 

随分前のことなので、写真を見ても思い出せなかった。

メモッといてよかった~。

f:id:acha03:20161217165923j:plain

 

今回は2500円、魚と野菜の軽めのコース。

 

先付けって言うのかな?

蓋を開けたら色々入ってて、ワクワク♪

f:id:acha03:20161217165954j:plain

 

今回は、イチョウの葉で隠れてますが、

「鯛の押し寿司」から時計回りに「姫サザエ」、

「自家製鶏の燻製」「揚げ銀杏」「栗の渋皮煮」

 

右の小鉢は、「柿の白和え」

f:id:acha03:20161217165938j:plain

 

椀物は、「鱧のしんじょと姫シメジのお吸い物」f:id:acha03:20161218120125j:plain

 

 

「鯛と戻り鰹のお造り」

ニンジンでトンボが作ってあったり手が込んでるけど、

シソの葉が小さい。

野菜不足で、かなりお値段も高等してた時期でしたからね~。

 

それでも、お刺身美味しいね~って、

この辺りまではよかったんだけど・・・、

f:id:acha03:20161218120458j:plain

 

「鳴門金時のべっこう餡かけ」

ま、まぁ、野菜がお高い時期だからね、

こんな風に調理して食べないから、珍しいよね。

 

とか言ってる頃まではよかったけど・・・、 

f:id:acha03:20161218120545j:plain

 

「茶わん蒸し」と「抹茶のポテトサラダ」

 

この辺りから、芋を食い尽くしてきたばば様世代、

芋ばっかり、と言いだして、ちょっとご機嫌が悪くなる。

千円ケチったからかね~、って。

 

多分今の時期、野菜が高いからこんなもんでしょ~。

私たちは十分美味しかったんだけどね~。

f:id:acha03:20161218120948j:plain

 

「鰆の煮つけ」と「ごはん」、「赤だしの味噌汁」と「お漬物」

f:id:acha03:20161218121210j:plain

 

デザートは、「リンゴのシャーベット」「杏仁豆腐」「シフォンケーキ

これにランチはサービスでコーヒーが付きます。

f:id:acha03:20161218121442j:plain

 

 私と妹は十分満足なランチでしたが、

戦争時代を生き抜いてきたばば様には

芋が多い食事はイマイチだったそう。

 

でも、

私たちは何にもしないでごはんが食べられて、

お片付けもしてもらえるだけで、ありがたや~です。