acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

やすらぎの四季の宿、というコンセプトの旅館「吉田屋」さんに到着です。 

 

道中が長くて・・・、大変お待たせいたしました。

 

今回予約したお宿はこちら↓

嬉野温泉の旅館|吉田屋-やすらぎ四季の宿-

 

f:id:acha03:20170126111056j:plain

 

 

リニューアルして、館内にジャズが流れるおしゃれなお宿

というふれこみを見たのは、かなり前のこと。

 

その頃、父の日と母の日を兼ねて温泉に行こうとお宿を探していて見つけたけど、両親にはおしゃれすぎる・・・、ということで、その時は別の旅館に泊まったのでした。

 

ずっと気になりつつ、いつか行きたい、と胸に温め続けてきたお宿です。

 

昔ながらの建物をリフォームした感じです。

 

まずはこちらの玄関に一旦車を止めて、駐車場の場所に案内されます。

 

f:id:acha03:20170126111019j:plain

 

 

が、玄関横に気になるドーム。コレは何!?でしょう。

後程判明しますが、ココは足湯バーでした。

 

と、その先に目をやると、新しくオープンしたカフェが続いています。

f:id:acha03:20170126111031j:plain

 

 

おっしゃれー!!

 

このカフェの駐車場の奥が宿泊客用の駐車場になってまして、そちらに車を停めると、カフェ横のお店とお宿は中の通路でつながっているので、その裏手から中を通って玄関の方に戻ります。

 

f:id:acha03:20170126111043j:plain

 

 

 

シックな ロビー

 

f:id:acha03:20170126111007j:plain

 

奥の薪ストーブには本物の火が入ってて、本物の炎を見てるだけでほんわりあったかい。

 

囲炉裏のあるこちらの談話室でチェックインの手続きです。

 

 ちなみにわたくしは、まだ60にはちょこっと足りませんけど、同宿者に60歳以上の人がいるとちょっとお安くなるアクティブシニアというプランでお願いしました。

旦那はモチロン60オーバー。(≧◇≦)

 

食事は色々なコースから選べるみたいでしたけど、前回のお宿のごはんがイマイチだったので、今回はかなり奮発して、「スーパーブランド☆佐賀牛の最上級ステーキ付♪旬菜旬魚の懐石course」で。

 

f:id:acha03:20170126110950j:plain

 

 

嬉野はお茶どころ、家では飲まないような美味しいお茶とこのお宿オリジナルのお菓子が出てきました。

 

f:id:acha03:20170126110938j:plain

 

 

このお菓子、温泉まんじゅうか、くらいに思ってたら大間違い。

抹茶がたっぷり入ったフィナンシェで、めっちゃうまー!!

 

それもそのはず、皇太子殿下が嬉野を訪問された際に出された皇室献上菓子なのでした。

 

あまりの美味しさに、帰りにお土産に買っちゃいました。

結構いいお値段したので、小出しでちびちび食べてます。(≧◇≦)

 

気になった方、ネットでも買えますよ~。

 

f:id:acha03:20170126160756j:plain

 

 

嬉野温泉は行きたいお宿が多すぎて、どこにお泊りしようか迷います。

 

前回も以前から気になっていたお宿に泊まったんだけど、・・・。

 

設備と言いロケーションといい最高だったんだけど・・・。

 

ただ・・・、ただ・・・、宿の食事が惜しかった。

どことは言いません、しかも微妙に嬉野から外れてたし。

(なので、今回と言わず、もうリピはなし・・・多分)

 

さて、今回のお宿は・・・、ということで、また続く。