acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

「マダム倶楽部」活動報告 臨時部員や特別部員が参加した倶楽部活動 1月30,31日・2月1,2日

 

1月30日

 

この日はうす曇りのイマイチな天気。

ただしこのところ、昼間は10°越えの暖かい日が続いています。

 

血糖値を下げるには食べ始めてから1時間後に歩くのが効果的、と聞いたのでお昼ご飯を食べてから歩いています。

 

そろそろ金立公園の梅も咲いたかもと、(若者にはなだらかでもおばちゃんにはきつい)斜面を上って行ってみました。

 

が、紅梅がちらほら~。

 

おまけに曇ってるので写真写り悪し。 

f:id:acha03:20170223233056j:plain

 

 

清流が流れる両岸に紅白の梅の木が植えてあります。

同じ頃満開になったら見ごたえがあってきれいだと思うんだけど、まだまだな眺めです。

f:id:acha03:20170223233124j:plain

 

 

梅にスカされて、いつものコスモス園に来てみれば、桜のつぼみがぷっくり膨らんできてました。

f:id:acha03:20170223233140j:plain

 

その時、丁度復刻カラーに塗装された佐賀市営バスが通りかかりました。

懐かしい。

 

市営バス80周年記念行事の一環で行われた、利用者が一番多かった時代の昭和40年代の塗装を施されたバスです。

 

私が(詳しく書くと年バレするので)親に連れられて一番バスに乗ってた時代だから、懐かしいはずだ。

 

黄色と赤とピンク、今見ても可愛くていい感じ♪(だと思うのはおばちゃんだからか?)(^▽^;)

f:id:acha03:20170223233155j:plain

 

 

1月31日

 

この日は母も歩くと言い出したので、一緒に。

 

以前は母が歩いていたけど、最近は気の向いた時にぶらりと歩きに来ているみたいです。

 

「夢郷庵」の前の道を抜けてサービスエリアへ。

 

建物横の紅梅が満開な以外、色がない。

f:id:acha03:20170223233225j:plain

 

 

寂しいね~、・・・っと池を見ればマガモ(だと思うけど)の夫婦がいました。

f:id:acha03:20170223233242j:plain

 

寄り添いあって、

f:id:acha03:20170223233258j:plain

 

 

私についてきなさい、とばかりに先を行くメス。

f:id:acha03:20170223233313j:plain

 

メスに先導されてついていくオス。

 

鳥の世界も人の世界も似たり寄ったり。(^▽^;)

f:id:acha03:20170223233327j:plain

 

 

 

 2月1日

 

いよいよ今日から2月。

 

振り返れば、歩き始めて6か月目。

と言っても、12月から1月にかけて私の膝の故障でほぼ歩いてないので、実質5か月目。(^▽^;)

 

ま、まぁ、飽きっぽいおばちゃんズにしては頑張ってるんじゃない?

なんつって。

 

この日は諸々の事情で午前中の倶楽部活動になりました。

おばちゃんたちは、色々用事があるので臨機応変

 

先日蕾が膨らみ始めた桜の木。

 

どうやら「カワズザクラ」らしいけど、益々ぷっくりなってて開花が待ち遠しい。

f:id:acha03:20170223233517j:plain

 

 

2月2日

 

この日は午後から歩きましたが、いつもの駐車場に行く途中、何やら見慣れた後姿と黒い犬。

 

コレは!!

 

まぎれもなく実家の母と飼い犬でした。

 

 

お天気が良くて気温もさほど低くなかったので、陽気に誘われて出かけてきたみたいです。

 

せっかくなので一緒にコスモス園をウォーキングして、サービスエリアでティータイムとしゃれこみます。

 

(もちろん)母のおごりでスタバのコーヒー。

f:id:acha03:20170223233530j:plain

 

スタバのテラス席はわんこをつないでおけるリードフックもあるんですが、残念ながら吹きおろしの風が冷たかったので、ドッグラン横の藤棚の下に移動。

f:id:acha03:20170223233545j:plain

 

 

実家の飼い犬、真っ黒だし逆光だったので顔が分からず。

かろうじて白目のところがわずかに見えているので、なんとなく顔が分かりますか?

 

一応トイプードルですが、老人世帯の緩すぎるおやつによって、5キロ越え。

 

もはや、トイとつけるのが申し訳ないようなデカさです。f:id:acha03:20170223233557j:plain

 

 でも、なんと!!

 

5キロ越えのその犬が、かわいくってたまらないらしい母はしょっちゅう抱っこしています。

 

あっぱれ。