acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

マダム倶楽部活動の後は。ジャンボピーナッツ掘りです。 10月27日

今日は次男の誕生日。

かなりいい年のおじさんになりました。

 

が、やっと自分のやりたいことがみつかったと、春から専門学校に通うことになってます。

 

途中でやっぱり自分が思っていたこととは違うと言い出さないことを祈るばかり。

 

 

 

金立SAのドッグランの前に植えられている木。

 

木漏れ日が気持ちいいね、と見上げれば、緑色の実が沢山ついていました。

 

これって、食べられるのか?

・・・と相変わらずのおばちゃんたちは、実がなってる木を見れば、この話。

 

後日分かるのだけど、実はこの木の実、食べられたんですよー。

って、話は次回。

 

f:id:acha03:20180131092442j:plain

 

 

帰りに実家に立ち寄ったら、ジャンボピーナッツを掘ったけど、これが中々重労働でお前たち掘ってくれ、と頼まれたので、軽い気持ちで、いいよー。

 

って始めたら、最初の頃は蔓を掘りあげるとブラブラぶら下がっているピーナッツが面白くて楽しみながらやれたんだけど・・・、

 

f:id:acha03:20180131092555j:plain

 

 

案外地面が硬くて、掘るのに結構な労力を要します。

 

掘り残しがないように、慎重に掘っていくし、結構な大きさに広がってたので、思ってたより大変でした。

 

はぁー、来年はもう作らないでくれよー、っと音をあげました。

 

f:id:acha03:20180131092602j:plain

 

 

 が、このジャンボピーナッツ、茹でて食べると激ウマ。

ペットボトルのキャップと並べてみましたが、結構な大きさです。

 

食べ応えもあるし、美味しいし、来年は私たちが作るから、種残しておいてね~。

 

って頼んでいたにもかかわらず、母が掘ったピーナッツ全部茹でて食べてしまったらしい。

 

f:id:acha03:20180131092501j:plain

 

 

あら、残念、と思っていたら・・・、

 

後日畑を耕した父に、「掘り残しのピーナッツが出てきたバイ」と言われ、私たちの仕事の甘さに感謝することになったのでした。

 

なので、来年は楽に収穫が出来るように、プランターで育ててみようと思っています。