acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

SAGAモダンな隠れ宿旅館『吉田屋』さんの、大人の隠れ家・別邸『をりから』

 ゆっくり貸し切り湯に浸かった後は、ぶらぶらと今晩のお宿「をりから」へ戻ります。

 

 嬉野橋に架かる橋の中心からそちらを見れば、桜の枝の間からちらりと見えます。

 

f:id:acha03:20180531082800j:plain

 

 

反対方向を向けば「吉田屋」さんの煙突と「カフェ&ショップ・キハコ」が臨めます。

 

f:id:acha03:20180531082913j:plain

 

 そうです。

「をりから」は「吉田屋」さんの丁度対岸に建てられているのです。

 

すぐの距離ですけどね。

 

f:id:acha03:20180531082828j:plain

 

 

4棟の独立した宿泊棟になっています。

 

f:id:acha03:20180531082518j:plain

 

 

こちらが本日泊まるお部屋?建物?

 

入り口の戸を開けると、

 

f:id:acha03:20180531082945j:plain

 

 

玄関へと続く細長い通路になっていて、ここからプライベートな空間になります。

 

f:id:acha03:20180531083005j:plain

 

 

今回予約したのは、季節的に桜かなって「折桜」

 

桜の開花にはまだちょっと早かったけど。(^▽^;)

 

f:id:acha03:20180531083028j:plain

 

 

玄関に置かれた下駄。

 

浴衣に合わせると風情がありますが、私は履きなれていないので鼻緒が痛かった・・・。( ;´Д`) 

 

f:id:acha03:20180531083051j:plain

 

 

お部屋です。

 

庭があって、リビング、玄関、その奥が洗面所とお風呂になっています。

 f:id:acha03:20180531083200j:plain

 

 

細長い造りだから、縦にお部屋が並んでいる間取りです。

 

f:id:acha03:20180531083132j:plain

 

 

お茶セットのコーナーも、 コンパクトにまとめられています。

 f:id:acha03:20180531083408j:plain

 

 

お部屋の前は全面ガラスでお庭が見れて、解放感いっぱいですが、塀に囲まれているのでプライバシーは守られています。

 

f:id:acha03:20180531083238j:plain

 

 

杉苔と飛び石がいい感じ。

 

f:id:acha03:20180531083259j:plain

 

 

見上げれば嬉野川沿いの桜の木が見れて、満開の季節にはお部屋に座りながらお花見ができるという、これまた贅沢なお部屋です。

 

庭に植えてあるのはモミジだから、これからの季節、桜と共に新緑と紅葉も楽しめて、いい感じかと思われます。

 

f:id:acha03:20180531083319j:plain

  

 

建物の構造上寝室は二階になります。

 

足腰が丈夫なうちにお泊りすることをお勧めします。トイレは一階にしかありませんし。(^▽^;)

 

 

右手の階段を上ってくると、二階にもテレビがあって、こじんまりとした応接セットの奥にベッドが二台。

 

f:id:acha03:20180531083437j:plain

 

 ゆったりした広さでゆっくり眠れそうです。

 

f:id:acha03:20180531083508j:plain

 

 

 二階の窓からは桜が見下ろせる造り。

 

何度も言いますが、満開の時は最高でしょうね。

 

f:id:acha03:20180531083633j:plain

 

 

そして、階段を上った先にも畳の間が一部屋。

 

f:id:acha03:20180531083652j:plain

 

3連の戸を開け放つと広々とした空間になります。

 

f:id:acha03:20180531083712j:plain

 

 

1階の洗面所

 

f:id:acha03:20180531083339j:plain

 

 

その奥がお風呂

 

大浴場に入らなくてもここでゆっくり出来そうです。

 

f:id:acha03:20180531083807j:plain

 

 

先ほど温泉に入ったばかりなので、夕食の時間までお部屋で過ごすことにします。

 

お部屋のあちらこちらを見て回ったり、写真を撮ったり、テレビを見たり・・・。

 

そうこうするうちに楽しみにしていた夕食の時間となるのです。