acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行ったiphoneの記録。時々、我が家の犬も登場。

諸々雑記 9月10~13日

まぁ、書かなくてもいいようなことですけど、スマホに写真があったのでそのままスルーするのは気持ちが悪いというか、性格的に許さないというか。

 

めんどくさいおばさんで、ごめんなさい。

 

 

9月10日

 

コレは、妹が送ってくれた我が家の犬(くーちゃん)のパパ。

 

そもそも我が家も含めて、トイプードルにハマるきっかけになった犬。

 

f:id:acha03:20201224184558j:plain

 

(残念だったのは、最後まで鼻っパゲだったけど)きれいな顔立ちでおトイレ完璧、言うこともよく分かってて、頭はよかったと思う。

 

ただ性格に少々難あり(ガウガウ犬)でしたが、年を取ると共に穏やか~になりました。(というか、この頃はもう寝たきりでしたけど)

 

今はお空にお引越ししましたが、16歳という結構な長寿犬でした。

 

 

9月12日

 

そして、その子供をもらったのが我が家のくーちゃん。

 

ここで、一番大きいのがママのくーちゃん。

 

そのくーちゃんが3匹の子供を産んで(というか、産ませて)我が家は只今総勢4匹。

 

ここには写っていませんけど、ママのくーちゃんよりデカい、レッドの毛色の子供がもう1匹。

 

まぁ、色々大変ですが、癒してもらっています。

 

f:id:acha03:20201224185257j:plain

 

 

9月13日

 

我が家の次男、前日にほくろを取る手術をしました。

 

髭を剃る時に丁度カミソリが当たる位置にあるのでよく流血してて、私がクラクラするし、あまり刺激を与えるのもよくない気がしたので、思い切って病院を受診したら取ってもらえることになりました。

 

傷口のアップがあるので、苦手な方はご注意ください。

 

 

 

丁度絆創膏を張り替える時に写真を撮らせてもらったけど、結構細かく縫ってありました。

 

こうやって見ると、かなりえぐいですね。(~_~;)

 

f:id:acha03:20201224185434j:plain

 

レーザーと切除術と選べたけど、レーザーだと焼いちゃうので細胞診は出来ないと言われて、一応細胞診をしてもらうことにしてたので手術にしました。

 

細胞診断に出す費用まで合わせて、1万円弱。

 

息子も結構なコンプレックスになっていたそうなので、無くなって喜んでいました。

 

 

 

ちなみに、1年くらいは切ったところが赤い線みたいに残っていたけど、今はほぼ分からないくらいまでになりました。

 

2020年12月23日現在

 

こんな感じになりました。

 

f:id:acha03:20201224190323j:plain

 

 

まぁ、男だし、ここまできれいになったら十分でしょ。

 

実は私も取りたいほくろがあるんだけど、息子の手術の後を見てちょいビビりまして、この次この次って思ってたらコロナが流行りだして、それどころではなくなったという、ね。

 

思い立ったが吉日とは、よく言ったもんだ。

 

 

 

 

 

ご訪問、感謝♪