acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行ったiphoneの記録。時々、我が家の犬も登場。

佐賀でフレンチといったら、レストラン・シャトー「文雅」でしょ♪ 3月25日

そろそろ席が用意できる時間になるのでレストランに戻りました。

 

この外観に見覚えのある方はいないでしょうか?

f:id:acha03:20210715115743j:plain

 

そう!ここは先日『鉄腕ダッシュ』の「グリル・厄介」でミシシッピアカミミガメを美味しく調理されていたレストランなのです。

 

こちらの料理長の息子さんが「ダッシュ島」でスタッフとして働いておられたとか。

 

残念ながらTOKIOのメンバーは来られて無かったけど、調理にも熱が入ったはず。

 

まぁ、今回のカメを食べるということではネットで賛否両論あったみたいだけど、実際問題としてお濠の蓮が食べつくされたりと問題もあるわけで。

 

それに、スッポンは普通に食べるよね。(高いから私は食べたことは無いけど)

 

生態系を壊す外来種をただ駆除するだけじゃなくて食材として活かせる道があればという熱意は感じますが、正直いくら美味しくてもミシシッピアカミミガメは食べたくないなぁ。(^▽^;)

 

とまぁ、話が横道にそれましたが、こちらは今回お料理を食べたおふたり(加藤先生と慎太郎くん)が絶賛した美味しい料理を出してくれるフレンチのレストランです。

 

隣には結婚式を挙げられるレストラン併設の建物もあります。

f:id:acha03:20210715121636j:plain

 

今は自粛で結婚式や披露宴も出来ないと聞きますが、美味しいお料理でもてなされる披露宴が再開されることを願っています。

 

こちらの美味しいお料理でおもてなしされる披露宴、私も呼ばれたいー。

 

 

我が家の息子たちにはまだご縁が無さそうな結婚式場を後に、私たちは先ほどのレストランに入ります。

 

1階はブライダルコーナーや、お店で出されるパンやカレー、ドレッシングなどを売ってるお店があったりしますが、レストランは2階なので中央の階段を上がっていきます。

 

 

ホールのスタッフの方たちの対応はスマートで大変丁寧、普段こんな高級なお店に行き慣れない私はそう見えないようにふるまいつつも、正直ビビりまくり。

 

席に着いてオーダーが終わると、テーブルの上にさささっと食器をセットされる動きもスマートで、なんとなくお尻が落ち着かない。(貧乏人の性)

f:id:acha03:20210715184539j:plain

 

 

今回オーダーしたのは「12皿の小皿コース」

 

フレンチのコースのお料理を少量ずつ食べられる、大変お得なコースで、3000円になっています。(税サービス込みだと3630円でした)

 

食べる量が少なくなった両親や小食な私にはぴったり。

 

 

1品目「SPFポークとアスパラガスのチーズ衣揚げ」

 

これ絶対美味しいやつー。

でもなんか、ちょっとデジャブ感が・・・。

f:id:acha03:20210715191813j:plain

  

2品目「名物 海の幸のパイ包み焼き 香りバター詰め」

 

バターのいい香りが鼻孔をくすぐります。

f:id:acha03:20210715191827j:plain

 

で、上にかぶさったパイを崩すと中からバターとニンニクの香りを纏った高級な海鮮たちが。

あぁ、この器にかぶりついて、縁についたパイをこそいで食べたい。

 

でもこのお料理も、デジャブ・・・。

f:id:acha03:20210715191840j:plain

 

3品目「川副町のサンロードトマトのマリネと紅茶ジュレ

 

サンロードは佐賀川副町のブランドトマトで、めっちゃ甘くて美味しいのです。

紅茶のジュレと合わせるとは・・・、参りました。

f:id:acha03:20210715191859j:plain

 

4品目「コーンクリームスープ 又は パンプキンクリームスープ」

f:id:acha03:20210715191910j:plain

 

5品目「新玉葱とベーコンのキッシュとクロワッサン」

 

佐賀の白石は、玉葱の一大産地でもあるのです。

f:id:acha03:20210715191921j:plain

 

6品目「グリンピースのフランとそのソース」

 

旬のグリンピースの甘さが詰まったお料理。f:id:acha03:20210715191934j:plain

 

7品目「朝市からのお魚の生春巻き包み揚げ 梅の香りで」

 

白身の魚を春巻きの皮で包んで揚げてありますが、梅の入ったソースでさっぱり。

でも、そろそろお腹がいっぱいになって来て、ヤバーイ。f:id:acha03:20210715191945j:plain

 

 

8品目「名物 黒毛和牛ハンバーグ」(46グラム)

和風大葉ソース 又は ピリ辛野菜ソース

 

46グラムとえらく細かく刻んでありますが、小食な私はこのくらいでちょうどよかった。

f:id:acha03:20210715192005j:plain

 

息子が一緒だったので、食べ盛りの男性や足りないなと思う方はハンバーグの量を増量できます。

 

 

9品目「文雅自慢 森の茸のプチカレーライス」(大・中・小)

 

こちらのカレーは美味しい。

 

まったりと甘い口当たりだけど、色々なスパイスも感じられて毎回絶品だとうなります。

 

量を大・中・小と選べますが、お値段変わらず。

だったら大を選びたいところですが、私には中でギリの量でした。

小だとスプーン1杯分ほどだそうです。

f:id:acha03:20210715192017j:plain

 

 

10品目「マスカルポーネブランマンジェと蜂蜜のジュレ ベリーのソース」

 

言わなくても美味しいってのは分かりますよね。

f:id:acha03:20210715192033j:plain

 

 

11品目「”桜島溶岩石窯焼き” 自家製パン 又は ライス」

写真撮り忘れ

 

12品目「コーヒー(アイス 又は ホット)

f:id:acha03:20210715192048j:plain

  

以上、ネーミングが恭しいけど、それに見合う美味しくてそれぞれこだわりのあるお料理でした。

 

少量とは言え結構バターをふんだんに使ってあるので結構重いデス。(いつもは一緒に行く妹はバターとニンニクが苦手なので、今回はパスでした)

 

 でもこの量なので、最後まで美味しく食べることが出来ます。

 

で、最初の何品かデジャブと書きましたが、そういえば1年前のこの季節、妹(三女)に期限ぎりぎりの食事券をもらって、その時も息子と食べに来てたのでした。

 

どうやら3か月ごとにメニューが変わるようなので、次回は春を外して食べてみたいなぁ。

 

 

一応メニュー表も貼っておきますね。

f:id:acha03:20210715192127j:plain

 

 

 

 

ご訪問、感謝 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村