acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行った記録です。

花見を兼ねて久しぶりのご褒美ランチ 4月12日(1)

4月しょっぱなに入院してバタバタしていた実家の母も退院の目途がつき、私と妹もやっと「マダム倶楽部」活動再開デス。

 

3月末から歩いていなかったので、久しぶりのウォーキングに二人とも燃えています。

 

まずは徐福公園の駐車場から金立公園の「夢郷庵」を抜けて、金立サービスエリア(下り)へ。

 

f:id:acha03:20170717113623j:plain

 

 

満開の時期が過ぎたとはいえ、山手はまだ所々ほんのりピンクに染まっています。

 

f:id:acha03:20170717113635j:plain

 

 

昼食の時間に合わせて歩き始めたので、サービスエリア内のレストランで(ちょっと奮発して)ランチです。

 

サラダとスープ付き。

 

f:id:acha03:20170717113643j:plain

 

 

ナポリタンにカツカレー、おまけにチャーハン、大人も喜ぶ「トルコライス

 

これからがっつり歩くつもりなので、カロリーは考えないことにして美味しく完食。

 

f:id:acha03:20170717113651j:plain

 

 

レストランを出た右手には、「スターバックス

 

テラス席からは、背振の山々を眺めながら美味しいコーヒーが飲めます。

 

この奥にあるのが、我が家も時々お世話になっているドッグラン。

 

f:id:acha03:20170717113700j:plain

 

 

ドッグランに行く道すがらの桜並木。

 

ここの桜はかろうじてまだ満開。

 

f:id:acha03:20170717113708j:plain

 

 

ドッグラン入り口のモクレンもまだまだ花を楽しめました。

 

f:id:acha03:20170717113717j:plain

 

 

この日はお天気も良かったので、ドッグランで旅の疲れをいやすわんこたちの姿が見れてラッキー♪

 

f:id:acha03:20170717113727j:plain

 

 

今年の桜は母の病院の行き返りに車窓から眺めただけだったので、こうやって直に見る桜に感動です。

 

f:id:acha03:20170717113736j:plain

 

 

うららかな日差しの中の桜、日本の春ですね。

 

来年は満開の桜の下、みんなでお花見ができますように。

 

f:id:acha03:20170717113745j:plain

 

 

金立SA(下り)から、またまた金立公園へと戻って、

 

f:id:acha03:20170717113753j:plain

 

 

「夢郷庵」を池の方から眺めて、今回はもうちょっと歩こうと思います。

 

f:id:acha03:20170717113801j:plain

 

 

続きます。

 

ランチを食べたからには頑張った話 4月12日(2)

 金立公園から続く「四季の丘」

 

丘というには高いし、山というには低いけど、一山全部が公園になっています。

頂上には展望台もあります。

 

 

葉が出始めていますが、まだ残った桜の花とハナモモのピンクが共演しています。

 

f:id:acha03:20170717111249j:plain

 

 

淡いピンクの八重咲きの桜。

 

f:id:acha03:20170717111340j:plain

 

枝がしだれたように咲いていました。

 

f:id:acha03:20170717111323j:plain

 

普段見かける華やかな八重桜とはちょっと違い、花が小ぶりで八重の花びらの数も少ないように見えます。

 

f:id:acha03:20170717111313j:plain

 

清楚な感じの八重咲きの桜です。

 

f:id:acha03:20170717111331j:plain

 

 

ここから頂上に向けて緩やかな坂道を上りますが、遠目にまだ満開に見える桜の木が見えました。

 

f:id:acha03:20170717111352j:plain

 

 

・・・が、近くに行ってみるとすでに散り始めていて、道は花びらで覆われていました。

 

f:id:acha03:20170717111411j:plain

 

 

緩やかとはいえ、いざ上り始めると中々きついものがあります。

 

途中、藪の中から茎を伸ばした蕨を見つけました。

 

 

f:id:acha03:20170717111420j:plain

 

 

更に上って頂上を目指します。

 

f:id:acha03:20170717112314j:plain

 

 

斜面にはレンゲソウが咲いていてなんとも懐かしい。

 

f:id:acha03:20170717112323j:plain

 

 

昔はどこの田んぼも一面のレンゲソウに覆われていて、そこは私たちにとって格好の遊び場となっていた。

 

遊ばなくなってある時ふと気づくと、レンゲソウの咲く田んぼはなくなっていた。

 

種がまかれていたことを知ったのは大人になってから。

 

この花を見ると子供のころの自分が顔を出して、センチな気分になるなぁ。

 

f:id:acha03:20170718214447j:plain

 

 

 

頂上にはひときわ大きな桜の木が立っていました。

 

f:id:acha03:20170717112331j:plain

 

 

枝が下の方に張り出していたので、地面に散った花びらと一緒に、散りゆく桜の一枝を写してみました。

 

f:id:acha03:20170717112339j:plain

 

 

右手の斜面の桜はまだ見事に咲いています。

 

間に見えるのは先日歩いた丸山古墳群の移設された古墳です。

 

左手に見える道路は、西九州自動車道です。

 

f:id:acha03:20170717112349j:plain

 

 

頂上から下る途中、名残を惜しみつつ、振り返っての一枚。

 

f:id:acha03:20170717112358j:plain

 

 

立山を望んで、桜と一枚。

f:id:acha03:20170717112418j:plain

 

 

頂上からちょっと降りたところにある展望所。

 

f:id:acha03:20170717112427j:plain

 

 

桜の木に囲まれて佐賀平野を一望できる絶景の場所です。

 

f:id:acha03:20170717112440j:plain

 

 

眼下に見えるのは、私たちが度々お世話になる金立SA

 

ここからだと、上りの駐車場も下りの駐車場もよく見えます。

 

f:id:acha03:20170717112448j:plain

 

 

そして、足元に広がるクローバーの中から四葉のクローバーを探します。

 

ここに来ると最後は必ず四葉を探して帰るのがお約束みたいになってしまってる。(*´ω`*)

 

f:id:acha03:20170717112458j:plain

 

 

佐賀平野の風景を眺めながら下ります。

 

f:id:acha03:20170717112406j:plain

 

 

途中、ピンクの花が咲いていたのはカリンです。

 

f:id:acha03:20170717112506j:plain

 

 

去年、実がたくさんなっているのを見ているから分かるんです。

 

f:id:acha03:20170717112514j:plain

 

 

 

そしてまた金立公園の「夢郷庵」前の道へ戻って、今回のウォーキング終了です。

 

あー、頑張った!!

 

f:id:acha03:20170717112533j:plain

 

 

ご訪問ありがとうございました♪

 

 

実家に咲く天然記念物のエヒメアヤメ  4月8日

私が住んでいる地区は「えひめあやめ」自生南限地帯ということで、この花が咲く期間、地域を挙げて「えひめあやめまつり」が開催されます。

 

国の天然記念物に指定されてる、草丈7~10センチほどで紫色の可憐な花が咲きます。

 

まさにアヤメの小さいバージョン。

 

f:id:acha03:20170707153721j:plain

 

 

大きさの比較に手持ちのものがなかったので私のスニーカーの先を一緒に写してみました。

 

どれほど小さいかお分かりいただけたでしょうか。

 

f:id:acha03:20170707153753j:plain

 

 

天然記念物なので、勝手に持ち帰ることはできないし、もし掘りあげたとしても小さいながら根っこは1メートルほど地下に伸びているので、植えても1~2年で必ず枯れてしまうそうです。

 

では、なぜ実家の庭に咲いているかというと、地域おこしの一環としてこの「えひめあやめまつり」が始まるかなり以前からこの花の保護活動をされていた近所の方が種から育てた苗をくださったからです。

 

決して勝手に採って来たりしたものではありませんからご安心ください。

 

f:id:acha03:20170707153737j:plain

 

 

 

「えひめあやめまつり」が開催されている山のほうでは、丘陵地に咲くたくさんの可憐な花を見ることができます。

 

写真は2015年3月29日に写したものです。

 

f:id:acha03:20170712225529j:plain

 

 

丘のあちらこちらに咲いています。

 

毎年地元の小学生が苗を育てて植えているので、年を追うごとに株は大きくなり、数も増えています。

 

 f:id:acha03:20170712225613j:plain

 

 

山桜と共にエヒメアヤメの咲く風景は、懐かしい里山の風景そのものです。

 

それもこれも、地元のボランティアの方たちが下草狩りや道の整備と努力されているのでこの風景が保たれているのです。 

 

※こちらはまつりの期間以外は、入れないようになっているのでご注意ください。

 

 

f:id:acha03:20170712225551j:plain

 

 

 

 

それと、

 

エヒメアヤメを写したついで、と言っては何ですが、ちょっと変わってる椿の花。

 

真ん中に幾重にも重なった花弁でしょうか?

 

f:id:acha03:20170707153855j:plain

 

 

私が小さい頃から見てたし、おそらくそれ以前からあったと思われるので、半世紀以上前の木です。

 

そんな昔に、こんなに華やかな椿の花があったんですね。

 

 

って、そんな昔?・・・ってか、そうか半世紀か・・・。

 

f:id:acha03:20170707153838j:plain

 

 

改めて書くと、 ちょっとかなりショック。( ;∀;)

 

 

 

真夜中のダニ騒動のお礼に美味しいイタリアン 3月30日

 やっと「マダム倶楽部」活動を再開できたと喜んだのもつかの間、この日の夜我が家のリビングに血を吸って丸々としたダニ発見!!

 

最初カメムシのちっさい奴だと思ってガムテで捕獲したんだけど、どうも違うようだと思ってつぶしてみたら、血がブシューって出たのでダニだと確信できました。

 

気持ち悪いので、小さめにお見せします。

 

(もうつぶれていますが)こんなやつです。

 

 

 

f:id:acha03:20170707152108j:plain

 

 

ダニって血を吸って満腹になると、自然と離れるらしいです。

 

で、床に落ちていたということは、ぱんぱんに血を吸った後だったのでしょう。

 

 

家族をチェックしたけどどうやら人ではなさそうで、そうなるとターゲットは我が家のわんこたちか!?っとなったけど、4匹もいるのでどいつが吸われたのかわからず、まだ他にもついているのかもわからず。

 

とりあえず真夜中のシャンプーを始めることにしました。

 

・・・と同時に、シーツから毛布から全部引っぺがして洗濯。(T_T)

 

捕獲したのが夜の11時ですから、4匹全部が終わったのは日付が変わって随分時間がたっていました。

 

洗って、乾かしての繰り返しを4回、結構な重労働です。

 

それでも、ありがたいことに息子2号3号が協力してくれたので、早く終わったと思います。

 

※わんこは翌日動物病院で診てもらって、ノミダニ駆除薬をしてもらいました。

 

 

そのお礼(真夜中のシャンプー&ドライ、しかも4匹)に、美味しいイタリアンごちそうさせてもらいました。

f:id:acha03:20170707153322j:plain

 

ちょっと前なのでコースの記憶があいまいだけど、私はパスタコース。

 

息子には奮発して、クオーレコース、だったと思います。

 

サラダ

野菜の向こうに何かあったような気がする・・・。

 

f:id:acha03:20170707153352j:plain

 

 

オードブル

 

これが一番の楽しみ~♪

 

毎回見てワクワク、そして、毎回食べても美味しい。

 

f:id:acha03:20170707153421j:plain

 

 

スープとサラダとパン

 

f:id:acha03:20170707153442j:plain

 

 

 クオーレコースの小皿のパスタ

 

f:id:acha03:20170707153508j:plain

 

 

パスタコースのパスタ

 ソースがトマト、オイル、クリームの3種類から選べます。

 

私がチョイスしたなすとなんだったっけか?のトマトソースのパスタ 

 

f:id:acha03:20170707153523j:plain

 

 

牛ヒレステーキ

 

彩りよく盛り付けられたお野菜の上に、特製のソースをたっぷりまとったお肉が乗ってきました。

 

f:id:acha03:20170707153537j:plain

 

 

デザートはガラスケースの中から自分でチョイスできます。

 

出てくるときは生クリームやフルーツソースでデコレーションされてくるので、テンション上がる~。

 

f:id:acha03:20170707153553j:plain

 

 

 

 

f:id:acha03:20170707153609j:plain

 

 

と、あやふやな記録になりましたが、ご勘弁を。

 

やっぱり記録というものはすぐに書き留めておかないとダメですね。

 

 

「サン・クオーレ」さん、今回も美味しいイタリアン、おごちそうさまでした♪

 

 

「マダム倶楽部」活動報告 地道に頑張っています 3月28日

まだ3月の記録を綴っています。

ぼちぼちなので季節がかなりずれていますが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。

 

この日は徐福長寿館からスタート。

 

寒緋桜も見頃です。 

 

私ごとでは我が家に帰ってくる息子の引っ越しで忙しくしていたし、妹のところも息子の国家試験の発表に引き続き引っ越していく準備に追われ、お休みしていたウォーキングも久しぶりに再開です。

 

f:id:acha03:20170705163553j:plain

 

 

この日は徐福公園を山手のほうに歩いてみたら、木陰にすっと立ち上がって咲いているきれいな花を見つけました。

 

f:id:acha03:20170705163727j:plain

 

 

名前がわからないのが残念です。

・・・と書いてて、たまたま図書館で借りた本に名前を見つけました。

 

「バイモ」というそうです。別名「アミガサユリ

 

そういえば花弁に網のような模様がありますね。

 

f:id:acha03:20170705163755j:plain

 

 

 

おそらく金立公園のほうに咲いていた「陽光桜」だと思います。

 

ピンクが濃くて八重咲きの華やかな桜です。

 

f:id:acha03:20170705163842j:plain

 

 

そしてこれは、ボケの花ですね。

 

でもどこで撮ったのやら、思い出せなくて・・・。

 

写真もボケてたら、私もボケてる?( ;∀;)

 

f:id:acha03:20170705163910j:plain

 

 

コスモス園のほうへ歩いてくると、ハナモモが満開でした。

 

f:id:acha03:20170705164024j:plain

 

 

3月の初めごろ咲き始めた花はようやく満開の時を迎え、川沿いが一気に華やかになっていました。

 

f:id:acha03:20170705164431j:plain

 

 

 道沿いのソメイヨシノはこれから満開の季節を迎えます。

 

f:id:acha03:20170705164053j:plain

 

 

きれいな花を楽しんだカワズザクラはすっかり葉桜になっていました。

 

f:id:acha03:20170705164140j:plain

 

 

桜が終わると菜の花の季節です。

 

でも今年の菜の花は殊の外丈が低いようです。

 

どうして?

 

f:id:acha03:20170705164234j:plain

 

 

 

そして、いつものお気に入りの場所から。

 

f:id:acha03:20170705164258j:plain

 

 

 葉桜となったカワズザクラの並木を見ながら、駐車場に戻りました。

  

f:id:acha03:20170705164208j:plain

 

 ようやくお互いの息子たちのことがひと段落しそうなので、またたくさん歩こうね~っと言っていたこの後、今度は母が緊急入院することになったので、またしばらく「マダム倶楽部」活動はお休みとなるのでした。

 

あ、その前に我が家のダニ騒動もありました。(^▽^;) 

 

「鹿島酒蔵ツーリズム」参戦 その2 趣ある酒蔵の建物が並ぶ浜宿通りを満喫♪ 3月26日

『鍋島』の「富久千代酒造」さんから少し歩くと、「肥前浜宿通り」になります。

 

 昔の建物や蔵が立ち並ぶ趣のある通りです。

 

f:id:acha03:20170704184310j:plain

 

 

普段は車が行きかう狭い道ですが、このイベントの間だけ歩行者天国になってます。

 

f:id:acha03:20170704115534j:plain

 

骨董屋さんか、風鈴屋さん、かと思っていたら、本業はバイク屋さんらしい。

 

「鈴」じゃなくて、「輪」だもんね。

 

f:id:acha03:20170704115554j:plain

 

 

無料の試飲とおつまみを用意されてお客様を接待されていたのは、唐津の酒蔵「鳴滝酒造」さん。

 

ひとつまみして、日本酒をぐいっ、昼間からたまりませんね~。

 

f:id:acha03:20170704115632j:plain

 

 

蔵の前に看板が上がってるから、鹿島で「君恩」という日本酒を作ってるのかな?

 

f:id:acha03:20170704120254j:plain

 

お昼を過ぎるとこの人出。

 

すれ違うのも苦労するほどの混みようです。

 

f:id:acha03:20170704115649j:plain

 

 

旦那が好きな焼酎を作っている「光武酒造」さん。

 

f:id:acha03:20170704115740j:plain

 

「立ち飲みBAR」の文字に惹かれて、ふらふら~っと中へ。

 

f:id:acha03:20170704184238j:plain

 

こちらの日本酒は「金波」

 

最高金賞を受賞したお酒を飲みたかったけど、残念ながら売り切れでした。

 

f:id:acha03:20170704115812j:plain

 

 

(本日お家で留守番の)旦那が好きな焼酎「魔界への誘い」の限定品をお土産に買いました。

 

いい妻アピール。(*≧∀≦*)

 

f:id:acha03:20170704184332j:plain

 

 

小腹が空いたので、こんなものも食べました。

 

お酒の合間に美味しかった~♪

 

f:id:acha03:20170704115946j:plain

 

 

ここの横には足湯コーナーもあったけど、浸かる勇気がなくて団子を食べながらぼーっとしてたら、前から人だかりがっ!!

 

鹿島のゆるキャラ「かし丸」君が来てました。

 

一緒に写真を撮ってもらう勇気もなかったので、写真を撮ってるお母さんの横からパチッと写させてもらいました。

 

f:id:acha03:20170704184345j:plain

 

「かし丸」くんの成り立ちが気になった方は、こちらをぽちっと。

 

www.yurugp.jp

 

 

団子を食べ終わると、もう一つの酒蔵「峰松酒造場」さんへ向かいます。

 

f:id:acha03:20170704120022j:plain

 

 

こちらでは『菊王将』という日本酒を作られているようです。

 

今や日本中が将棋ブームに沸いているので、こちらもあやかれるといいですね。

 

f:id:acha03:20170704120146j:plain

 

入り口にはスタンプラリーのスタンプが置いてあるので、押すのを忘れずに。

 

 

f:id:acha03:20170704184400j:plain

 

 

無料休憩所に飾られたダイナミックな花がイベントに華を添えています。

 

f:id:acha03:20170704120057j:plain

 

 

そして以前、息子1号が福岡で暮らすことになった時、引っ越し関係で何度も往復した背振越えの道沿いにある那珂川町の公園横に出来た「猫屋カフェ」さん。

移動販売車が来てました。

 

思いもよらぬところで出会うと、とっても嬉しい♪

 

ブログのお友達が美味しいと書かれていたので一度飲んでみたいと思っていたけど、すでにお腹はお酒で満タンだったので今回もコーヒーは飲めず。

 

自家焙煎の一杯仕立ての美味しいコーヒーらしいので、次回見かけた折にはぜひ飲んでみたいと思います。

 

 

f:id:acha03:20170704120215j:plain

 

通りの両側には色々な産物を売る露店も立ち並んで、覗いて歩くのも楽しかったです。

 

そして次に向かったのは、浜宿通りからちょっと離れた場所にあるので再び無料の巡回バスにお世話になります。

 

f:id:acha03:20170704120234j:plain

 

 

ちょっと山沿いに走って着いたのは、川沿いに酒蔵が建つ「馬場酒造場」さん。

 

自然に囲まれたところで、透き通った川の水を見るとお酒もきっと美味しいに違いないと思わせる環境です。

 

f:id:acha03:20170704120315j:plain

 

隠れたファンが多いという「能古見

 

今回一緒に行ってくれた二人が一番楽しみにしていた酒蔵だったそうです。

 

f:id:acha03:20170704120332j:plain

 

 

こちらで、酒蔵の酒粕を使った漬物を買いました。

 

カリッとした歯ごたえとほんのり甘いお酒の風味が、お酒もご飯も進む一品でした。

 

f:id:acha03:20170704120358j:plain

 

今回一緒に行ってくれたお友達ありがと~♪

 

楽しかったね~、またね~。

 

f:id:acha03:20170704120818j:plain

 

 

翌日、まったりしている私とわんこたち。

 

二日酔いじゃないですよ~。(;^ω^)

 

君たちも、お留守番ごくろうさま♪

 

f:id:acha03:20170704120424j:plain

 

 

 

 毎年3月の末くらいに計画されているようです。

 

気になった方は、来年参戦されてはいかがですか?

 

※飲まれる方は、ぜひとも公共交通機関での参加をお願いいたします。

 

 

「鹿島酒蔵ツーリズム」参戦 その1 まずは『鍋島』の酒蔵へゴー!! 3月26日

今をさかのぼることウン十年前、高校生の頃の仲良し女子3人組。

 

幸い近くに住んでいるので、そろそろ会いたいね、という頃思い出したように集まってます。

 

今回は前回の集まりから決めていたチョイ旅です。

 

お仲間の一人が去年旦那さんと行って、すごくよかったよ~、ってことで楽しみにしていたんです。

 

sakagura-tourism.com

 

集合は「佐賀駅

 

ここから普通列車に乗り込んで、出発です。

 

 むか~しは、「鈍行」って言ってたのよね。

しかも電車じゃなくて汽車だったのよね。

 

息子に「汽車」って言って、何それ?って言われた。(^▽^;)

 

f:id:acha03:20170704114017j:plain

 

 

着いたのは、「肥前鹿島」駅

 

私の母の実家があったところなので、懐かしい。

 

f:id:acha03:20170704114034j:plain

 

駅前でまずはパンフレットを購入。(300円)

 

これから行く酒蔵の情報満載で、有料試飲で使えるクーポンがあったり、スタンプラリーに参加できたりとお勉強になってお得なパンフです。

 

鹿島駅前から浜宿までちょっと距離があるので、無料の循環バスが運行されています。

これは非常にありがたい。

 

 

肥前浜駅」近くで下車して、酒蔵通りに向かう途中、郷土芸能の「面浮立」が披露されていたので写真を撮ろうとスマホを出してる間に終わっちゃって・・・。

 

なんとも間の抜けた感じの写真になりました。( ̄▽ ̄)

 

 

f:id:acha03:20170704114058j:plain

 

 

浜駅からすぐのところにあったのが「富久千代酒造」 さん。

 

f:id:acha03:20170704114124j:plain

 

 日本酒通なら言わずと知れた『鍋島』の蔵元です。

 

nabeshima.biz

 

f:id:acha03:20170704114155j:plain

 

 

 

中には見たことのない『鍋島』の酒瓶がずらずらーり。

 

f:id:acha03:20170704114221j:plain

 

 

 世界最大規模・最高権威と評価される
「インターナショナル・ワイン・チャレンジ (IWC) 2011」で、
佐賀の酒「鍋島 大吟醸」が日本酒部門の最優秀賞
「チャンピオン・サケ」に選ばれました。(ホームページより抜粋)

 

この時の受賞を契機に日本酒が注目されて、需要が増えたらしいので、同じ佐賀県に住む者として誇りに思います。

 

おそらくその時の盾がこれだよね~。

 

f:id:acha03:20170704120946j:plain

 

 

外では、浜名物・魚のすり身の天ぷらや佐賀牛!の牛すじ煮込みなど、日本酒に合うおつまみも売られていました。

 

f:id:acha03:20170704114508j:plain

 

 

牛すじが思いのほかたっぷり入ってて、500円!!

 

f:id:acha03:20170704114530j:plain

 

 

まずは5枚つづりのチケットを2枚千円で購入すると、試飲するときに使うグラスと缶バッジがもらえます。

 

f:id:acha03:20170704114557j:plain

 

 

自分が飲みたい日本酒の枚数を使うようなシステムでした。

 

10枚で千円なので、1枚が100円の換算になります。

 

ブラックラベルを飲むには足りないけど、大丈夫。

中で追加購入ができます。

 

f:id:acha03:20170704114611j:plain

 

 

で、酒蔵の中もすごくおしゃれ~。

 

一角には、ギャラリーも併設されていました。

 

テーブルと椅子が置いてあるので、中でゆっくり飲むこともできますが、いかんせん人気の酒蔵なので試飲するのにも長蛇の列。

 

待ちながらこちらのバーでカクテルを飲むのもよし、舞台が作ってあったので出し物を鑑賞するものよし、です。

 

f:id:acha03:20170704114631j:plain

 

 

純米大吟醸、チケットの枚数が多いお酒は人気でかなりの行列になっていましたが、せっかく来たので奮発して、チケット5枚の『しずく搾り』…だったと思う。

 

f:id:acha03:20170704114646j:plain

 

 こちらはチケット4枚の『山田錦

 

f:id:acha03:20170704114701j:plain

 

トクトクトクトク・・・。

 

f:id:acha03:20170704114723j:plain

 

表面張力が許す限り入れちゃってー!!っと(心の中で)叫んでいました。(≧◇≦)

 

f:id:acha03:20170704114745j:plain

 

1枚分のチケットの鍋島も飲んでみたけど、すっきりさっぱりが好きな人にはいいかも~。

 

ということで、『鍋島』を堪能したので、次の酒蔵へ行ってみようと思います。

 

f:id:acha03:20170704114854j:plain

 

 続く。