acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行ったiphoneの記録。時々、我が家の犬も登場。

「マダム倶楽部」活動報告 2019年九州北部豪雨の爪痕 9月11日

 

8月末の大雨からしばらく歩くのを中断していた「マダム倶楽部」活動ですが、そろそろ歩けるかな?と行ってみることにしました。

 

いつもの駐車場で待ち合わせ。

 

大雨の時は風も強く吹いたので、落ちた青いどんぐり。

 

f:id:acha03:20201222153325j:plain

 

 

 

雑草(とはいえ可愛い花)は、元気元気。

 

f:id:acha03:20201222153342j:plain

 

 

みんな変わりなくと思って歩きだした「葉隠ロード」でしたが、先に行くにしたがって道路にはまだうずたかく積もった砂が残っていました。

 

f:id:acha03:20201222153510j:plain

 

 

その道の橋の上から下を見下ろしている妹。

 

f:id:acha03:20201222153652j:plain

 

 

 

目線の先は、いつもはきれいな水が流れていた川。

 濁った水と、流れ着いたゴミが、川の両岸のあちらこちらに見られました。 

 

f:id:acha03:20201222153932j:plain

 

 

金毘羅神社」への車道は、まだ道路一面に砂が残っていました。 

電柱も傾いています。

 

ガードレールのところに見える青い送水管が、今回緊急に設置されたもの。

 

f:id:acha03:20201222154106j:plain

 

 

橋から川を覗いて見れば、護岸の途中にゴミが引っかかっていて、おそらくあの辺りまで水は来たのでしょう。

 

f:id:acha03:20201222154946j:plain

 

 

金毘羅神社」方面の道は砂だらけ。

流れ込んだ土砂は、道の片方にうずたかく積まれていました。 

手前は確か、畑があったところじゃなかったか、と。

 

この先は進めそうもなかったので、戻ろうと思っていたけど、工事をしていた方々にこの先行けるよ、と促され、恐縮しながら臨時に設置された送水管に沿って上がっていくことに。

 

f:id:acha03:20201222154411j:plain

 

 

この送水管のおかげで、我が家も水が使えるようになりました。 

迅速な対応で、本当にありがたかった。 

 

f:id:acha03:20201222154534j:plain

  

途中は大きな石がゴロゴロしているところもあって、その片づけをされている作業員の方々がいるので、さすがに写真は撮りませんでしたが、結構な距離この送水管は伸びていました。

 

あの大雨の後、すぐに復旧に向かってもらえたと思うと、感謝しかありません。 

おそらく川はまだかなりの水位と土砂で大変だったことでしょう。

 

  

上りつめて、カーブしたところから下を見る。

長く伸びた送水管が神々しく見えた。(*´ω`)

 

それはそれは結構な距離の臨時の送水管でしたが、これからしばらくの間、この送水管のおかげで、私たちは普段の生活が出来たのでした。

 

f:id:acha03:20201222160119j:plain

 

 

 

こはちょうど、キャンプ場になっています。

 

f:id:acha03:20201222160100j:plain

 

 

そしてこの送水管は、ここから更に上って、

 

f:id:acha03:20201222160423j:plain

 

 

 

もう少し先にある貯水タンク場まで続いているのでした。

 

f:id:acha03:20201222160520j:plain

 

 

 

ここからは普通に道を歩けたので、「嶽の森神社」へと続く林道を下って行きました。 

 

f:id:acha03:20201222161122j:plain

 

 

途中では思いがけず、秋の実りを見つけたり♪

 

f:id:acha03:20201222161149j:plain

 

 

緑深い森を抜けると、ようやく神社への登り口が見えてきて、ちょっと安心しました。

 

f:id:acha03:20201222161307j:plain

 

 

真っ赤な鳥居が見えて、思わず手を合わせたおばちゃんたちでした。

 

f:id:acha03:20201222161336j:plain

 

 

 

水害の恐ろしさをまざまざと見せつけられた気がしましたが、実際の被害はこんなものではなかったと、この後歩いて知りました。

 

割と高い位置に住んでいるので、水害とは無縁だと思っていたけど、これからは何があっても、起こってもおかしくない世の中なんですね。

 

 

 

ご訪問、感謝♪