acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行ったiphoneの記録。時々、我が家の犬も登場。

貼った床が、見れない!?・・・見れた? 10月15日

床が貼られてる(はず)っと、喜び勇んで現場を覗いたら・・・、

 

えーーーっ!?

 

f:id:acha03:20210228090623j:plain

 

なんだか・・・、違う。

 

下地は等間隔に線が引かれていたはずだし、このベニヤが床だとは思えない。(これは貼った床の養生だと言われました)

 

 

このベニヤみたいな板が床か?っと、ちょっとビビったけど、この台の先を見たら、まさに・・・、床が貼られているところでしたー!!

 

こんな感じになるのね。

 

ちょっと想定していたより明るいなと思ったけど、色を決める時は小さな板しか見ないから、全体像を想像するのは難しい。

 

f:id:acha03:20210228090900j:plain

 

 

チョイスした床材は、広縁に貼られているのと同じ素材を選びました。

 

というのも、広縁とリビングは建具で一旦仕切りますが、開けると一体感が出るようにと思って。

 

(私たちが子供の頃の学校の床みたいな)広縁は無垢材を貼ってあるので、古いけどもったいないということで、そのまま残すことにして、最後に磨いてもらう予定です。

 

なので、広縁の素材がパイン材ということで、リノベーションする部屋も同じ素材をチョイスしました。

 

f:id:acha03:20210228091612j:plain

 

 

ちょっと明るすぎたかなと思わないでもなかったけど、段々と濃い色になってゆくと思えばいいかな・・・、というより、今更チェンジは出来ない。(^_^;)

 

無垢材は時を経るごとに色が濃くなっていくので、まぁ、これはこれでいいかなっと。

 

この先どういう風に色が変わっていくのかも、楽しみにしておこう。

 

f:id:acha03:20210228091719j:plain

 

 

全面に貼られたところを見ていないので、養生のベニヤが外れた時が楽しみ~。

 

 

 

 

ご訪問、感謝♪