acha’s diary

健康診断の数値が気になるお年頃の私と妹のぶらぶらウォーキングで見かけた色々と美味しいものを食べに行ったiphoneの記録。時々、我が家の犬も登場。

おっきいのとちっさいのと中くらい♪ 3月10日 

 我が家で生まれた3匹のトイプードル。

 

大きさも見事に、大中小。

 

 

我が家で産ませることを決めた時に、お残しは1匹、って旦那には言われていた。

 

交配を頼んだペットショップも、残りは引き取ってくれる、という話だった。

 

がっ、くーちゃんはブラタンのトイプードル。

 

単色でないとペットショップでの引き取りは無いだろうと思っていたけど、案の定3匹のうち2匹はブラタン。

 

おまけにレッドで産まれた2匹目は、腸が飛び出てて生きるか死ぬかの瀬戸際をさまよった。(このレッドも、ちょっと黒い毛があって、色的に微妙だったし)

 

こうなっては、全部お残しということになって、旦那お怒り。

 

まぁ、ブラタンが出ることは予測が付いていたので、最悪3匹お残しかもとほくそ笑んでいた私は、生まれる前から密かに、3匹分の名前を考えていた。

 

3匹だから、おめでたいといえば「松竹梅」・・・まつ・たけ・うめ・・・イヤイヤ、ありえんだろ。

 

うーん、「陸空海」これ、中々いいかも。

 

そんな時、和菓子屋で見かけた「豆大福」・・・これだっ!!

 

まとめて呼ぶ時もいい感じ・・・とか、出産を心待ちにしていた。

 

 

妹も、犬のお産は簡単だから、プリッと生まれるよ、と聞いていたのに、デカいのが生まれる時のイレギュラーな出来事にビックリ仰天。

 

最初に生まれた犬のへその緒は、私がテンパりすぎて、糸で縛った根元を切っちゃって血がー、血が止まらんーーー、ってなったし。

 

3匹目は、2匹目の出産を終えたくーちゃんが、ひと仕事終えたとばかりに、1匹目の面倒を見始めて中々産まれなくて。

 

結局、2匹目の手術中に生まれて、後を頼んだ妹が完璧に処置をしてくれていました。

 

そんなこんなで、それぞれにドラマを持って生まれてきた3匹は、めでたく我が家で全部飼うことになりました。

 

ちゃんちゃん♪

 

 

椅子で寝てるおっきいの(大)とちっさいの(豆)

f:id:acha03:20210629083640j:plain

 

 

こんなに大きさが違います。

 

何やら気配を感じて、見上げてきた小さいの。

f:id:acha03:20210629083746j:plain

 

 

『なんだ、また写真かよ』と、いつものことなので再び寝る。

f:id:acha03:20210629083855j:plain

 

 

と、その横を元気に走り抜けていく中くらいの。

f:id:acha03:20210629084041j:plain

 

 

だだだーっと走り抜けていった福ちゃんですが、実は1歳半の頃「免疫介在性溶血性貧血」という、生存率50%の病気を発症しました。

 

幸い早い治療が功を奏して今は大丈夫ですが、治ったわけではないので寛解ということみたいデス。

 

お陰様で、毎日元気に過ごしていますが、元気過ぎて、最近ママ犬のくーちゃんと張り合って大変な状況になっているのです。

f:id:acha03:20210629084322j:plain

 

 

ちなみに、3匹まとめて呼ぶ時は「豆大福ー!!」って叫んでいますが、それぞれ正式名称は、豆は豆助、大は大吉、福は福子です。

 

これからも度々登場すると思うので、よろしくーなのです♪

 

 

 

ご訪問ありがとうございました♪

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
にほんブログ村